2012年9月25日 (火)

ミヒャエル・エンデ「モモ」とラジオ朗読

Img_7279


最近・・特に今月は物凄い早く時間が過ぎるように思う。

朝起きて、食事を作って洗濯機回して

ポー君を学校に送り出して、後片付けして洗濯干して

会社に行き、会社から帰って学童保育に迎えに行き

そのまま自宅か習い事の日があれば教室に送って

その間、家で掃除機かけて夕食の準備、お迎え、

すぐ学校の宿題を見て

夕食、風呂、寝かせる(もしくは寝る)、が殆どの毎日の日々。


自分の時間ない・・・。時間泥棒に盗られたか。


子供の頃の愛読書だったミヒャエル・エンデの「モモ」を思い出して

仕舞いっぱなしの本棚から数年ぶりに取り出してみた。


Img_7280


ためしにポー君に読み聞かせてみると

予想外の好反応。

ずっと昔、この「モモ」で


山崎努氏がナレーションを務たラジオのNHK朗読が放送されたことがあります。


私は昔のアニメ「○ンキーモモ」と勘違いをしてsweat02

このラジオ朗読を録音していたのですが、

程なくしてすぐに違う話だと

気が付きました。が、

そのままテープを止めることなく回していました。

それだけ内容に引き込まれた感覚を今でも覚えています。


実はその時録音していたテープを探してみた所

残存されていたのがみつかり、早速ポー君に聞かせたところ、

灰色の男の登場シーンから怖がるようになり、

結局途中で止めてしまいました。gawk


宮城まり子さんが唄う「闇にきらめく~♪」の曲がずっと耳に残って

離れませんでした。



続きを読む "ミヒャエル・エンデ「モモ」とラジオ朗読" »

2007年11月 1日 (木)

「しんせつなともだち」

またガソリンが値上げされたって。


まぁ、これは遠出のドライブを控えるとかで
なんとか乗り切れるかもしれないけど、こと仕事で使用する場合は
そんな悠長なことも言ってられなくて、
多分全てのものに影響が出てきてしまうんだろうし。

生活必需品、飲、食品とか紙類とか、
これからの季節には欠かせない灯油とか、
じわじわと値を上げ始めているみたいだし。

そのくせ給料は据え置きのままだし。


一方で相変わらずの企業による
食品の偽装表示・不正表示も後を絶たないし。

かといって安い外国産は心配だし?・・・。


なんて、薄暗い天気の日に薄暗い部屋の中で
そんなことを漠然と考えていると
なんだか八方塞な気分になってしまう木曜日の午後。


とりあえず、昨日買った「肉まん」でも食べるか。。。




1535323_img_2













*またまた古本屋さんで絵本を見つけました。

ウサギつながりで、ウサギが主人公のこの絵本。

こどものとも傑作集。




1535326_img 1535329_img 1535332_img











*「ある冬の日、美味しそうなカブを見つけたウサギは・・・。」

素朴で優しい挿絵と、こころ温まるストーリー。

読み終わったあと、もう一度読んでみたくなる絵本です。




1535333_img










*裏表紙。

色使いがとってもモダンです。




にほんブログ村 雑貨ブログへ

2007年9月24日 (月)

絵本入荷しました。

”読書の秋”です。

と、いうワケで、絵本大量(って程でもないんだけど)入荷しました~。

いつもよく行く近所にある古本屋さんで、殆ど新品の絵本も含め、
なんと”一冊300円☆の売り尽くしセール開催中”を発見!
絵本好きにとっては、嬉しい企画!!

数ある絵本の中で、チビの好きそうな”動物もの”をチョイスしました。




1505063_img











*カラフルな絵本たち。

色とりどりの素敵な世界。




1505075_img










*ご存知、アンデルセンの名作「みにくいあひるの子」。
これはいわゆる”仕掛け絵本”で、ページをめくるたび、アヒルが動いたり、
ニワトリが卵を産んだり、最後は画面いっぱいに白鳥が現れたりと、
大変凝ったつくりになっています。

子供に絵本として読ませるにはちょっと勿体無いかな??




1505077_img









*最後に自分用にも2冊、買っちゃいました。

今人気のクウネル系?のインテリア雑誌。

いつもパラパラと本屋さんで立ち読みしては、ほしいな~と思いつつも、
なかなか買えず。

今回これも、一冊300円というお値打ち値段でゲト。

新刊はなかなか手に入らないかもしれませんが、いい本を格安で買えるというのが、
古本屋さんの魅力ですね。

2007年8月 1日 (水)

レトロなお店屋さんの絵本。

今日から関東は、例年よりかなり遅めの梅雨明けだそうですが。

いままでの、どうもパッとしない天候が続いていたので、にわかには信じ難い気もしますが、兎にも角にも夏本番ということで・・・。


夏といえば、海にスイカに花火にお祭り。

日常に、フト思い出される子供の頃の楽しかった記憶は、なんとなく夏の季節に集中しているように思う。


夏は子供の季節。子供が主役になる季節。

大人も子供になれる季節。。。





1474779_img









*久々に絵本紹介です。


レトロな絵柄に魅かれて手に取り、ページをめくると、そこは様々なお店屋さんが懐かしさいっぱいに描かれていました。

駄菓子やさんに、魚屋に布団屋・・・。

昔の「商店街」と言ったところでしょうか。


こんなレトロな味のあるお店は、昭和30年ごろまでは、普通にどこでも見られたのでしょうけど、今はそれこそ地方に行っても、もうなかなか見かけることはなくなりました。





1474781_img

1474783_img








*旅先などでこんな絵本に描かれているようなお店に出合ったら、つい嬉しくて、用も無いのに入ってしまいそうです・・・。

2007年2月 4日 (日)

「おにたのぼうし」

もうすぐ本日も終わりです。。。

今日は節分でした。
私の子供の頃は、節分の日には夜になると、「鬼は~外!福は~内!!」なんて豆まきをしている子供の声が、あちらこちらで聞こえたものですが、最近ではあまり聞かなくなりました。
少子化の影響で豆を撒く子供がいなくなったのか、そもそもそんなことをわざわざしようとする大人がいなくなったのかはわかりませんが・・・。

時代の流れ、と言われてしまえばそれまでですが、世の移り変わりの中で折角の日本独自の風習が、だんだんと失われていくのはなんだか寂しい。

我家は勿論今年も豆を撒きました。毎年恒例だし。結構楽しいし。

・・・でもその後の「歳の数だけ豆を食う」のはそろそろ止めにしてもいいんじゃないかと思うんだけど。
食べ過ぎておなかが張るんだよ~。

1363662_img *今回はレトロものではなく、絵本の紹介です。


文:あまんきみこ絵:いわさきちひろ、の「おにたのぼうし」です。

今日にちなんで節分のお話です。詳しい内容説明はあえてここでは省きますが、読んだ後、心をとても静かな気持ちにさせてくれる本です。1363663_img














*内容もさることながら、いわさきちひろの描く、挿絵がまた素晴らしく、このお話のイメージにとても合っています。

・・・子供だけでなく、

疲れた大人も十分癒してくれる本です。

1363671_img>












*こちらは古い本立てです。

昔の学校の教材に使われていたものでしょうか。または演奏用で、楽譜立てなどに使われていたのかもしれません。


ワンポイントの白ゆりの絵が、気品を感じさせますね。

後ろで三段階に角度を調節できる優れものなのです。

あぁ・・・。日付が変わっている・・・。

フォト
2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

*ありがトン♪リンク

無料ブログはココログ